2010年2月 5日 08:40

現場応援レポート vol.1

 

現場応援1.jpg

icon_hiyoko.gif

こんにちは!津田工業㈱・オガサワラです。

3日は節分でしたね~。(無言で)「恵方巻」を食べましたか?

 

さて、本社のお仕事からちょっと離れて、3ヶ月間、刈谷工場で働いてきましたので、そのレポートをしたいと思います。

 

 

涙ながらに本社に別れを告げ、昨年の11月から今年1月まで刈谷工場でお世話になりました。

 

とは言え、私の場合は本社から刈谷工場までの距離約3分。

他にも応援者はいらっしゃいましたが皆さん豊川工場勤務ということで、刈谷工場への応援は私1人でした。(こんなところで何ですが、応援の皆様、お疲れ様でございました。)

 

 

「現場応援」と聞いても、一般の方にはちょっと分かりにくいかもしれませんが、本社での仕事を中断して人手が足りない工場(現場)にお手伝いにいくということです。

本社の仕事は同じ部署の人に対応してもらい、私たちは、工場で製品を相手に仕事をすることになります。

 

先輩方は応援の経験がある方がほとんどですが、まったく別の世界で働くことになりますので、慣れるまでは本当に大変だったのだろうと改めて感じた次第です。

 

 

 

それでは、早速レポートを始めたいと思います^^/

 

 

 

現場応援2.jpg

 ←先ずこちらが私の新しい職場で、朝はここから仕事がスタートします。

 

刈谷工場内のとある場所ですが、エレカ(電気自動車)の出入口のすぐそばです。

※エレカが通る度に「止まれ」の文字がある扉が開くので冬はとっても寒いんです(涙)

 

  

  

現場応援3.jpg

全体はこんな感じです。

私の居る場所は、タタミ一畳分にも満たない狭いスペース・・・。

(オレンジ色の柵のあたり)

 

基本的に、ラインから出来てくる製品の検査をしていました。

 

 

  

現場応援4.jpg

 

狭いスペースですが、夏にはスポットクーラーがあり、冬にはストーブがついています。

そして風除けのカーテンもあります♪

 

床がコンクリートなので底冷えがハンパないですが、ストーブの威力がすばらしかったので、かなり助かりました。

 

  

 

 

  

現場応援5.jpg

検査が終わったら、台車に積んでいきます。

 

色んな種類の製品の検査をしますが、ここでのメイン製品は、1日に約60箱前後ありました。

(1箱に20コ入っていますので、約1,200コの製品を1つずつ丁寧に見ます)

 

 

 

 

icon_saboten.gif
出荷時間までに検査しないといろんな人に迷惑がかかりますので、急ピッチで進めます。

(所要時間:2時間程度)

 

どの製品も出荷時間は決まっているので、時間までに確実にやりきります。

材料の遅れなどで検査までの工程が遅れることもありましたが、製品をつくってくださるラインのお姉さんがかなり優秀だったので、安心して検査ができました^^

 

 

大切な製品なので、20コ入りの箱にはクッションがあり、傷がつかないよう工夫がしてありました。

最初に見たときは、小さな製品でもこんな風に自動車部品が大切に扱われていることにびっくり!というか感激しました^^

 

 

現場応援7.jpg
そして、検査に欠かせないアイテムがこちら。

製品は手で触れてはいけませんので、薄手のビニール手袋や白い手袋が必須です。

錆止め用の油などで製品はたいてい油がついているので、ビニールが破れたりするといつの間にか、爪の間が黒く変色したりしています(汗)

 

 

 

 

はじめに用意されていたビニール手袋は、サイズが合っていなくてやりづらかったので直ぐに変えてもらいました。

これで、検査する時間がかなり短縮され、イライラせずに検査できます。

小さな改善が、大きな一歩に繋がりますので、提案していくことは重要なんですよ^^v

 

 

やや長文になってきましたので、今日はこの辺で・・・。

続きは、Vo.2でお話いたします~☆お楽しみに!

 

 

 

トラックバック(0)

この記事に対するトラックバックURL: http://122.200.227.114/cmt/mt-tb.cgi/261

コメント(2)

現場応援お疲れ様です!お隣席のスキガラです。
現場は実際に体験しないことにはその苛酷さ、すごさはわからないものですよね。私もこのレポートで数年前の新入社員研修(現場応援)時代を思い出しました!
仕事自体、場所によっては思ったほど辛くない!と思っても、夏はかなりの暑さでスポットクーラーが手放せません。そして冬はストーブと、環境に慣れないことには体が…。
でも、経験してみてよかったのは、現場あっての会社なんだと実感でき、自分もその歯車の一員になれたんだと感じたこと。事務仕事ではそこまでなかなか感じることが少ないのではと思います。本当に現場の皆さんありがとうです。オガサワラさんも慣れない作業お疲れ様でした~。

あら、お隣さんからコメントが^^♪ありがとうございます。オガサワラです。スキガラさんも、1人で立派に『つだブログ』を守ってくれてありがとう!さすがです。
確かに現場の大変さは経験しないと分からないですよね。私は新入社員研修も未経験ですし、本当に初めてだったので、(ちょっと年のせいか・・)体のアチコチに支障が出ました(苦笑)。でも、スキガラさんの言うとおり、一度は経験してみるものですね。どんな仕事も大変ですが、現場と事務がお互いの仕事に興味を持つことで、もっと楽しく自分の仕事に取り組めるような気がします。
そんなわけで、今後もブログの更新、一緒にがんばりましょうネ☆☆

コメントする

経営管理部人財開発室
(採用担当)
鋤柄あい子

こちらのブログでは、津田
工業の最新情報が満載です。
ぜひチェックしてくださいね。

最近のトラックバック

津田工業株式会社
本社・刈谷工場:〒448-8657 愛知県刈谷市幸町1丁目1番地1 TEL(0566)61-0711(代) FAX(0566)61-0701
豊川工場:愛知県豊川市東上町土橋80番地  富山工場:富山県南砺市神成856番地