2010年4月 1日 08:44

シフトレバー部品の技術を紹介☆樹脂流動解析CAE

  
chumoku_53.gif
こんにちは!津田工業㈱・オガサワラです。

すっかり春ですね♪当社には31名の新入社員が入社します。

 さて、今回は社内報でも取り上げました当社の技術をチラリとご紹介します。 

 

 

技術というと、難しそうで興味がない方もいるかもしれませんが、それでも「へぇ~」と感心してしまうような面白い発見もあると思いますのでぜひご覧下さいマセ。

 

 

icon_sakura-ani01.gif
今回ご紹介する当社注目の技術は、

「樹脂流動解析CAE」です。

主に当社では、シフトレバー部品の樹脂(プラスチック)部分に関係します。

 

 

ソフトウェア "CAE"は、これまで製品の機能や動作等どのように変化するかを実際に試作したりしていた工程を、パソコン上でシミュレーションできるので、早く、安く、より安全にものづくりをすることが可能です。

自動車製品だけでなく、電気製品・精密部品・建築構造物など様々な分野で利用されています。

 

 

さて、当社では、一昨年からCAEを導入し、樹脂流動解析などに活用されています。

 

当社のシフトレバーでは樹脂(プラスチック)が多く使われていますが、要求される品質レベルは一段と厳しくなってきていますので、製品開発過程の初期段階で製造や品質に関する重要な問題を解決でき、さらに製造上の問題を未然に防ぐことができます。

 

 

それでは、実際どんなものか見てみましょう。

 

<例1:当社製シフトレバーのアッパー部をCAEで見る>

 

upper1.jpg

 

アニメーションで見れるので、どんな風に樹脂が入っていくのか分かります。

 

 

 

 

 

         ↓

 

upper2.jpg

 

どの辺りの強度が弱いかとかも事前にシュミレーションできるので、実際に試作をしなくても良いんですね。便利な世の中になったものです^^

 

 

 

 

 

↓動画でご覧になりたい方はコチラから(別窓で開きます)

chumoku.wmv

 

これは、充填解析と言われるもので、金型内に樹脂が充填する時間、最終充填位置、ウエルドライン、スピード差異部位、外観不良を予測。上図、未充填(ショート)の場合は無色で示されています。

 

何がスゴいのかというと、目視できない樹脂の充填(空間を埋めていく)過程をアニメーションによって確認できることや指定した樹脂が流れる状態が分かることです。=事前にどんな問題が起こり得るのか分かり、その対策ができる!んです。

 

このような解析技術を取り入れながら、当社は更なるシフトレバー部品の技術レベルアップを目指しています。

 

私たちの生活の中にもプラスチック製品があふれていますので、個人的には結構面白かったのですが、いかがでしたでしょうか?

少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです^^

 

トラックバック(0)

この記事に対するトラックバックURL: http://122.200.227.114/cmt/mt-tb.cgi/272

コメントする

経営管理部人財開発室
(採用担当)
鋤柄あい子

こちらのブログでは、津田
工業の最新情報が満載です。
ぜひチェックしてくださいね。

最近のトラックバック

津田工業株式会社
本社・刈谷工場:〒448-8657 愛知県刈谷市幸町1丁目1番地1 TEL(0566)61-0711(代) FAX(0566)61-0701
豊川工場:愛知県豊川市東上町土橋80番地  富山工場:富山県南砺市神成856番地