2011年12月23日 16:37

2012年を迎える準備

       

      津田工業 マツモリです。

     

      12月23日、本社正面玄関に門松が飾られました。

 

    

 

        風が冷たいですが、天気は快晴です!

             軽トラで8時過ぎに、わが社のOBである近藤輝夫さんが、本社に到着。

        近藤さんは豊川の家を6時過ぎに出られたそうです。

      朝早くからありがとうございます! 

     

 
←軽トラには近藤さんが仕込んできた 

  竹、松、葉牡丹、万両、南天等山盛りです。 

  
 

   

 

 

 

 

       ↑近藤さん指導のもと、水野機業所さんとともに              

         土台作りが始まりました。

               

 

            土台に竹が入ったところです。→          

              中心の竹は今年の大震災等もあり、

     自粛して直径が1cm小さい竹にされました。

   また四隅にある細い竹に紙を詰めているのは 

        ここに松・万両・熊笹・水を入れるので

          土が入らないようにするためです。     

     そして1日でも長く瑞々しさを保つためです。

     

    

           

                       

 ←松が入りました。

   向かって手前が雄松で左が雌松です。

   これは日本古来の「左が上位」とする考え方で

    お雛様と同じ飾り方です。

   これを「京雛」といい、逆の飾り方(「関東雛」)も

   あります。

 

 

 

 

←↓力仕事が終わり、ここから

   近藤さん一人仕事です。  

      紅白の葉牡丹が入りました。

      近藤さんいわく「立派過ぎる」とのことですが、

    映えますね!

                   

 

 

                                         

          

 

←周囲には松・万両・熊笹が入ります。 

↓見てください!実沢山の南天ですね!

  鳥が食べないよう、ネットを張って育てるそうです。

  近藤さんの大事に育てる心と繊細なセンスで

  門松が出来上がるのですね。  

 

 

 

 

 ←最後に水やりと周りの掃除をして完成しました!  

  22日(木)に豊川工場も飾られました。 

  これでわが社も新年が迎える準備ができました。

    

 

 

   

 

 

               わが社の門松は平成20年から本社、平成元年から豊川に

               飾られています。平成元年、豊川工場OBの鈴木基夫さん他

               4名から始まった門松作りは、近藤輝夫さんへと引き継がれ、

               平成12年からは近藤さん一人で手がけています。

                今後も新年の良き神様を迎える門松が飾られるよう、

                              まずは私も縄縛りから弟子入りしなければ。。。

                           では、最後に皆さま、よいお年をお迎えください。

               また、来年もよろしくお願いいたします。

 

                   ↑完成した本社正面玄関 門松と近藤輝夫さん

 

 
             ≪津田工業の冬季休暇:2011年12月29日(木)~2012年1月5日(木)≫ 

トラックバック(0)

この記事に対するトラックバックURL: http://122.200.227.114/cmt/mt-tb.cgi/372

コメントする

経営管理部人財開発室
(採用担当)
鋤柄あい子

こちらのブログでは、津田
工業の最新情報が満載です。
ぜひチェックしてくださいね。

最近のトラックバック

津田工業株式会社
本社・刈谷工場:〒448-8657 愛知県刈谷市幸町1丁目1番地1 TEL(0566)61-0711(代) FAX(0566)61-0701
豊川工場:愛知県豊川市東上町土橋80番地  富山工場:富山県南砺市神成856番地