2011年12月13日 08:51

東京モーターショー その1

 

car02.gif
       津田工業 マツモリです。

 

       東京モーターショーに行ってきました。

 

        ビックサイトで2011年12月3日(土)から11日(日)に

       開催された東京モーターショーの一部を報告します。 

       

 

 

 

↑本日最終日でしかも日曜日なので          ↑駅から歩くこと約3分、正面ゲートに 

 「国際展示場正面駅」を出たところから          到着しました。

  人・人・人でした。                       

 

 

 

                     ↑まずはトヨタ、ダイハツ、レクサス、BMW等が出展する

                      西展示棟1階の入り口中央にお子様大人気、

                      ディズニーアニメ「カーズ」主役のマックイーンが

                      お出迎えです。

                    

 

 

 ←西展示棟のステージに上がったところです。

  人、多すぎます。 

  今からこの下に参入します。

                       

 

 

 

 

                                                    

                                                         《ダイハツ》
daihatsu.jpg

                ↑ダイハツブースには人壁がひかず、近くに

                 行くタイミングを逃したので、上からの様子しか撮れませんでした。

                   特別色ブルーメタリックカラーを施した『ミラ イース』(写真左)を

                 もっと近くで見たかったのですが、叶わず断念しました。。。                                              

 

 

 《トヨタ自動車》

s-Tokyonotorshow dokodemo.jpg

 
 

 

 

 

 
 

 

←↑さてお次は、 面積、出展数、期待度が

   一番大量なトヨタ展示ブースです。

    ドラえもんの世界観を取り入れ、

    「どこでもドア」から入るその先には                             

                               ヒトとクルマと社会が"つながる"

                               楽しい未来がつくられていました。

 

                          

                            

 S86.jpg

                 ↑人だかりの奥は話題のコンセプトカー『86』です。

                  トヨタ自動車と富士重工業が共同開発した

                  4人乗りスポーツカーとして世界最小サイズの

                  2012年春市販予定モデルです。が、ほとんど見えませんね。。。

                  時間が足りず次の展示に行きました。

 

 

 

  ←この車、見てください!

   『Fun-Vii(ファン・ヴィー)』は

   「20XX年の未来を具現化したコンセプトカー」。

   なんとボディーがタッチパネルディスプレイに

   なっているため、カラーや表示項目を

   自由に変更でき、情報端末のディスプレイとして

   使うこともできるのです。

   走るスマートフォンなのです!

 

   

 

 

↑もう買う予定の人もいるのではないでしょうか。    ↑世界初公開された超小型軽量電気自動車

 小型ハイブリッドカーの新型『AQUA』(アクア)      『FT-EV III』です。iQをベースとし、

 です。                                2012年市場デビュー予定です。

 

 

 

 ← 『Prius Welcab』(プリウス ウェルキャブ)です。

   福祉車両として運転席への乗り降りや、

   運転操作をスムーズにする

   様々な機能を標準装備しています。

   例えば専用リモコンを使って、車いすを電動で

   ルーフ上に格納できたり、シートの調整を

   電動自動できるなど 「すべての人に

   移動する自由を」提案しています。

  

   

 

 

Tokyomotorshow10.jpgのサムネール画像

       ↑そして今回私が、唯一試乗(?)できたのはハイブリッドの『アルファード』です。

        優雅を極める気品ある乗り心地を後部座席で体感しました。(写真右)

        車内の様子が伝わらない写真ですが、約1分足らずの後部座席試乗で

        リクライニングシート+フットレスト+オットマン=ファーストクラスの乗り心地

        でした。

         

 

 

 

                ↑これからの季節は『FJクルーザー』です。              

                 オフロード走行者にしか分からない

                 路面との格闘で追求された仕様が備わっていました。

                 手に触れる部分はグローブを着用も想定して

                 シフトノブ、ドアハンドル、エアコンのダイヤルまで設計されています。

                 濡れた道具も、泥だらけになった遊びのアイテムも、

                 室内へ入れることができるのです。

              

 

 

 

icon_oukan.gif

 

 

 ↑トヨタ展示ブース最終章はやっぱりレクサスです。

  初のフルモデルチェンジとなる次期『GS450h』が

  鮮やかなブルーライト輝くステージの下で、優雅に展示されていました。

  今回、日本初公開のレクサスGSシリーズ最上級ハイブリッドモデルです。

  「感性に響く走り」とは一体どんな走りなのでしょうか。

  

 

 

      トヨタとレクサスブースだけで、かなりの時間を費やしてしまいました。

      まだまだご紹介したい展示がたくさん残っています!

      次回、またご紹介したいと思います。

      それではまた。icon_bye.gif

 

トラックバック(0)

この記事に対するトラックバックURL: http://122.200.227.114/cmt/mt-tb.cgi/374

コメントする

経営管理部人財開発室
(採用担当)
鋤柄あい子

こちらのブログでは、津田
工業の最新情報が満載です。
ぜひチェックしてくださいね。

最近のトラックバック

津田工業株式会社
本社・刈谷工場:〒448-8657 愛知県刈谷市幸町1丁目1番地1 TEL(0566)61-0711(代) FAX(0566)61-0701
豊川工場:愛知県豊川市東上町土橋80番地  富山工場:富山県南砺市神成856番地