2012年1月10日 09:24

東京モーターショー その2

 

 

icon_newyear-aisatu3.gif


                       津田工業 マツモリです。

 

                       東京モーターショー その2を報告します。

 

                  今回は津田工業と馴染みのある部品展示も少しご紹介しますね。

 

     《アイシングループ》         
aishincar.jpg↑自動車部品の開発・生産している         ↑そしてこちらは「アイシン・エーアイ」の新構造              

   「アイシングループ」 展示ブースです。       『6速マニュアルトランスミッション』です。

 ワイヤーフレームカーで普段は            従来に対し、軽量・コンパクト化を実現、

 見えていない部品が                   また多軸タイプギヤトレーンを採用し   

 一目瞭然となっていまし た。                         全長を短縮しています。

                                                               津田の類似品はこちら↓をご覧下さい。             

          

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・津田製品 010.jpg

                           ↑津田の「オートマチックトランスアスクル部品」です。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

《ジェイテクト》

aishin buhin.jpg

 
 

 
 

 

 

 

 

↑そしてこちらは「ジェイテクト」展示          ↑スポーツカー等に最適な

 コーナーです。写真左は乗用車クラスの        『トルク感応型LSD (トルセン)』を

 『小型軽量コラムタイプ電動               機能単位での燃費向上として。                               

 パワーステアリングシステム』です。          CVT(可変連続トランスミッション)へ       

 小型化・軽量化され、こちらも              適用させていました。 

 燃費向上に貢献しています。 

 津田の類似品はこちらをご覧下さい。↓

         

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

津田製品 011.jpg

               ↑津田の「トランスファー・デフ部品」です。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

icon_food_curry02.gif          ↑ちょっとこの辺でお腹の虫が騒ぎ出したので、なだめましょう。

           外の展示ブースで、こちらの"ワールドカップ"も大盛況でした。

           『ワニ肉』や『オージー・ビーフ』の行列を横目で見ながら

           私は無難(?)な鶏肉の『タコス』(メキシコ)にしました。                   

            それではお腹も満足したところで、後半戦に挑むとしましょう。

 

 

 

            ↑一体この巨大な耳を持つ車はなんでしょうか?

           これは首都圏を約2ヶ月実際に走行し、

           クルマに対する"みんなの声"を集めた                

           『耳カー』です!

           西展示棟アトリウム内ステージで異彩を放ち、

           見学者は巨大耳を覗き見していました。

     

       

              

 《日野自動車》

     ↑さてお次は、「日野自動車」展示ブースです。世界一過酷と言われる 

     ダカールラリーに 2011年参戦した『日野レンジャー』が展示されていました。

     排気量が倍以上のライバルと戦い、挑戦を続ける

     "日野スピリット"に私も勇気をいただきました。

 

 

Tokyomotorshowhino.JPG

              ↑なんと!荷台がスケルトンです!

               ハイブリッドなので、夏はプール・冬は露天風呂といきたいところですが、

                    やはり浅すぎますね。

 

 

 

                    《いすゞ自動車》

              

         ↑国内で初めて「いすゞ自動車」が製造した昭和7年式の『スミダM型バス』で

                    日本最古の乗り合いバスです。

          昭和初期のおしゃれな紳士・淑女が優雅にお出掛けしたのでしょうか。

                   

 

                  

                  では今回はこれにて報告終わります。

                  え?あのメーカー、あの車が出ていない!?ですか?

                  次回の最終回、"東京モーターショー その3"(最終回)で

                  登場するかもしれません。               

                  ということで、今年(今後)も『つだブログ』を

                  どうぞよろしくお願いいたします。

      

トラックバック(0)

この記事に対するトラックバックURL: http://122.200.227.114/cmt/mt-tb.cgi/375

コメントする

経営管理部人財開発室
(採用担当)
鋤柄あい子

こちらのブログでは、津田
工業の最新情報が満載です。
ぜひチェックしてくださいね。

最近のトラックバック

津田工業株式会社
本社・刈谷工場:〒448-8657 愛知県刈谷市幸町1丁目1番地1 TEL(0566)61-0711(代) FAX(0566)61-0701
豊川工場:愛知県豊川市東上町土橋80番地  富山工場:富山県南砺市神成856番地